ももの副業ブログ

シングルマザーが5年連続年商1000万円になった全記録 | 自宅で子どもを育てながらでもお金を稼ぐことはできる

シンママ 離婚

離婚はわがまま?離婚を我慢した果てにあるもの 体験談

投稿日:14/08/2021 更新日:

離婚はわがまま

こんな言葉を聞きますよね。

 

今もしも周りからの目を気にして離婚は止めておこう、私が我慢すればいいだけのこと、と思っている方にはぜひ最後まで読んでいただきたいです。

 

私は2年前に離婚しました。理由は、私がストレスが原因で体調を崩してしまったから。

何度話し合っても分かり合えない夫と

『結婚生活に我慢はつきもの』

という思いで結婚生活を継続させていました。

だけど、もう耐えられない・・と自分で限界だと気が付く前に、夜に眠れなくなって、円形脱毛症になり、何もしていないのに涙が出てきて。

 

夫の帰宅時間が近づくと動悸がして、生理が止まって、体のほうが限界を迎えました。

 

病院受診も考えましたが、子ども二人を連れて病院に行く時間はなくて、ひとりぼーっとする時間が増えました。

 

今振り返ると精神的にかなり追い詰められていたんだなと思いますが、当時は我慢は当たり前と思い込んでいました。

 

この価値観を疑ってほしいです。

 

我慢して体を壊してまで継続させる結婚生活に意味はあるのか・・・

 

私は決して離婚を推奨しているわけではありません。

だけど、話が通じない夫、話し合いが成立しない夫、というのは存在します。

 

そういう夫と暮らしていると、

心がすり減っていきますよね。

 

離婚した、という事実だけを伝えると「今時の人はワガママね」や「結婚したならはそのくらい耐えないと」と心ない言葉を投げかけてくる人がいるのも事実です。

実際に私も言われました。離婚当時は一つ一つの言葉に傷ついていましたが、今思うと失礼な人たちですよね。

 

ほかの誰かのために結婚生活をしているわけではないし、その言葉を言ってくる人は多分、幸せではないんでしょう。

 

自分が結婚生活で耐えていることがあるから、ほかの人にも同じことを望むんですよね。

他人なんてそんなものです。

 

だから、離婚はワガママと言われても、私は気にする必要はないと思っています。

 

我慢の果てにあるものは、精神の崩壊です。

子どもがいるのならなおさら、ママの心の安定は必要です。

 

 

 

-シンママ, 離婚

執筆者:

プロフィール


ももこ

 

小学生と幼稚園児の姉妹を育てるシングルマザー。

完全在宅で5年連続年商1000万円。

安定した収益と右肩上がりの年商で子どもと毎日楽しく生活中。

もともと女は家庭でおとなしく、夫の後ろを3歩下がってという人と結婚していました。子どもが2人に増え生活が苦しくなり、育児休暇中に夫に黙ってはじめたビジネスで初めて1万円の利益が出て価値観が崩壊。

その後も結婚生活の継続を試みるも、モラハラによるストレスで病気になり離婚。

 

この子たちに不自由はさせたくない、成長を一番近くで見守りたい、寂しい思いはさせたくないという思いで手探りでネットショップビジネスを開始

スキルもセンスも人脈もなかった私が子ども二人を連れて離婚して本気で取り組み、独学で年商1000万円を突破。

同じようにシングルマザーになった友人に自分のノウハウを教えたら、みるみるうちに年商500万円を突破。
その後も収益を伸ばし続け、シングルマザーでも子どもに我慢させない生活を手に入れることに成功。

同じように悩んでいる女性にこんな選択肢もあるんだと知ってほしい。そんな思いでこのブログを立ち上げました。

 

毎年安定した収益を出し続けるネットショップ運営の裏話、モラハラに耐えてまで結婚生活を続けるべきだと感じていた私の価値観が徐々に変化していった話など詳しくはこちら