ももの副業ブログ

シングルマザーが5年連続年商1000万円になった全記録 | 自宅で子どもを育てながらでもお金を稼ぐことはできる

インスタグラム 子育て

インスタでモニターモデルになるには 現役オーナーが回答

投稿日:07/05/2021 更新日:

インスタグラムでベビーモデルやキッズモデルの募集を目にすることが多くなりました。インスタユーザーのママたちなら一度は目にしたことがあるかと思います。

今回はベビーモデルやキッズモデルになる方法について記載します。

この記事を書いている人…

ももこです。

インスタグラム×ベイスで子ども服のセレクトショップを6年運営。
アクセサリーショップを3年運営。

その他を含め合計3店舗を運営するショップオーナー

 

ベビーモデル・キッズモデルの募集の見つけ方

インスタグラムで募集されているモデル募集は、ショップアカウントが投稿するモデル募集のポストから見つけることが可能です。

多くの場合は、ハッシュタグ検索でも見つけることができます。

 

#モニターモデル

#モニターモデル募集

#モニターモデル募集中

#ベビーモデル

#キッズモデル

#赤ちゃんモデル

 

このあたりのタグをフォローすることによって、より見つけやすくなります。

募集期間は1週間~2週間が多いため、見逃してしまうと応募のタイミングを逃してしまいます。

モデル応募になれているママたちは、ショップをフォローして情報をキャッチするためのサブアカウントを作っている場合が多いです。

【サブアカウントの作り方はこちらから】

インスタグラムのサブアカウントの作り方は?何個まで作成可能?

募集時期はいつ?

各シーズンで募集があるショップの場合、そのシーズンの1ヵ月~2か月前に募集が始まります。

春物の場合は1月・2月

夏物の場合は4月・5月

秋物は8月

冬物は9月・10月

というように、来シーズンの募集がよく募集されています。

 

春物と秋物は着用シーズンが短いことから募集をしないショップもありますが、夏物は単価も安くショップとしてもモデルさんに依頼もしやすい時期なので狙い目です。

ベビーモデル・キッズモデルになるには

ベビーモデル・キッズモデルになるには、たくさんの応募の中からショップ側に選ばれる必要があります。

ショップがモデルを選考する時に見ているポイントはこちらにまとめています。

モニターモデルの当選確率を上げるポイント

 

まずは応募することがスタートラインです。

実際にオーナーとしてモデルを募集することがありますが、熱心に応募してくれる方と、とりあえず応募してみよう。当たればラッキー。くらいの気持ちの方は、すぐに見分けがつきます。

募集条件をよく見ていない方も多いので、よく読んでコメントを残すだけでもショップ側に与える心象はかなり違います。

ショップとしては、自社商品や自分のショップの商品を提供するわけですから、できる限りショップの力になってくれそうな方にお願いしたいと考えています。

つまり、ショップの力になりますよ!がんばりますよ!とアピールするだけでもショップ側の目に留まりやすく依頼される確率も上がるということです。

 

フォロワー数が多くないとダメ?

これは実際に私のショップアカウントのフォロワーさんからいただいた質問です。

応募する際に自分のアカウントのフォロワーが少ないことを気にされることもあるでしょう。

結論から言うと多いに越したことはないけれど、数だけのフォロワーなら必要ない。です。

例えば1000人のフォロワーがいる個人アカウントなのに、どの投稿にもコメントがなくフォロワーさんとの交流も見られないアカウントと、300人のフォロワーだけど毎回コメント数も多く交流も頻繁に行われているのがわかるアカウントがあったら、私は後者の方にお願いします。

 

≪検証してみた≫

実際同じ商品の色違いのモデルを5000人フォロワーの方と300人フォロワーの方にお願いしました。

300人フォロワーの方は前述したように盛んに交流が行われている方です。

平日、同じ時間帯の条件で実際にショップをタグ付けして投稿をお願いしたところ、ショップへの流入数に大きな違いが見られました。

普通に考えたら、5000人のフォロワーがいるアカウントからのほうがショップを見に来てくれる方が多いように思えますが、実際には300人のフォロワーさんからショップのアカウントを見に来てくれた方のほうが多かったのです。

 

このように選考するショップもあるので、フォロワー数が少ないからと自分であきらめてしまうのはもったいない!

 

まずは応募してみて、応募に慣れていくことから始めてもいいかもしれませんね。

 

気になることがあれば、メルマガの返信画面からご連絡くださいね。答えられる範囲であれば返信させていただきます。

 

 

シングルマザーが【5年連続年商1000万円】を継続させている方法

-インスタグラム, 子育て

執筆者:

プロフィール


ももこ

 

小学生と幼稚園児の姉妹を育てるシングルマザー。

完全在宅で5年連続年商1000万円。

安定した収益と右肩上がりの年商で子どもと毎日楽しく生活中。

もともと女は家庭でおとなしく、夫の後ろを3歩下がってという人と結婚していました。子どもが2人に増え生活が苦しくなり、育児休暇中に夫に黙ってはじめたビジネスで初めて1万円の利益が出て価値観が崩壊。

その後も結婚生活の継続を試みるも、モラハラによるストレスで病気になり離婚。

 

この子たちに不自由はさせたくない、成長を一番近くで見守りたい、寂しい思いはさせたくないという思いで手探りでネットショップビジネスを開始

スキルもセンスも人脈もなかった私が子ども二人を連れて離婚して本気で取り組み、独学で年商1000万円を突破。

同じようにシングルマザーになった友人に自分のノウハウを教えたら、みるみるうちに年商500万円を突破。
その後も収益を伸ばし続け、シングルマザーでも子どもに我慢させない生活を手に入れることに成功。

同じように悩んでいる女性にこんな選択肢もあるんだと知ってほしい。そんな思いでこのブログを立ち上げました。

 

毎年安定した収益を出し続けるネットショップ運営の裏話、モラハラに耐えてまで結婚生活を続けるべきだと感じていた私の価値観が徐々に変化していった話など詳しくはこちら