ももの副業ブログ

シングルマザーが5年連続年商1000万円になった全記録 | 自宅で子どもを育てながらでもお金を稼ぐことはできる

離婚

離婚は失敗?その思い込みこそが失敗。恐怖の固定観念

投稿日:23/03/2021 更新日:

離婚は失敗?

 

離婚してシングルマザーということは、結婚生活を維持することには失敗したのかもしれない。

 

でも、離婚の選択自体は失敗には含まれない。

離婚したことによって大変な部分ももちろんあるけれど、私の場合は子どもの笑顔が増えたし、機嫌をうかがわなくてはいけない相手もいない、すべての選択権は自分にあって、自分の生活と子どものことだけを考える日々。

この生活が今、とてつもなく幸せです。

 

独身の頃には当たり前だった、自分のことは自分で決めるということ。

結婚したとたん、それがなくなるのは何でだろう。

私は何のために結婚したんだろうと考える結婚生活から、自分のことは自分で決める、自分と子どもの未来に責任を待つことがこんなに楽しいだなんて思いませんでした。

 離婚は失敗?

離婚したというと、返事は2パターン。

少し気まずそうに「そうなんだ、なんかごめんね」と引かれるパターンと「なんでなんで?」と噂の種、見ーつけた!と言わんばかりの質問攻めをしてくるパターン。

どちらも、めんどくさい。他の人の人生なんてそんなに興味ないでしょ?と言いたいけれど言えない。ママ友ってそんな世界。

 

この2つのパターンの根底にあることこそ『離婚は失敗』という固定概念。

失敗したから、聞いちゃいけない

失敗したんだ。気になる、不幸?これからどうするの?という興味本位。

 

離婚が失敗という概念がなかったら、「離婚したんだ」が「昨日買い物行ったんだ」くらいのテンションにならないかな・・・

それは無理か。

 

世間的には失敗かもしれない

離婚は、世間的には失敗かもしれない。でも個人的には?

離婚して、自由になれた、経済DVやモラハラ、身体的なDVから抜け出せた。そんな時は胸を張って離婚は正解と言っていいと思う。

仕事も家事も子育ても、すべて自分でこなす人生を選んだ。自分で、その選択をしたんだと言えたら別にシングルマザーだって胸張って生きていいし、肩身の狭い思いをする必要もない。

 

自分には稼ぎがないし、子どもがかわいそうだったかもしれない・・・なんて少しネガティブになったときは、自分を責めるのではなくて自分にできることを探せばいいと思う。

 

今の時代は、個人が自分で稼ぐことが比較的簡単になってきている。

ネットの難しい知識がなくても、技術がなくても、パソコンがなくても、個人でお金を生み出すことはできる。

 

私は個人で輸入ビジネスを始めてから5年連続で年商1000万円。

これは、私に特別なセンスがあったからでも、知識や技術があったからでもなくて、その世界に飛び込む勇気を持てたから。

何も知らない、何も知識がなかったから、迷わず飛び込むことができた。そしてがむしゃらに動いた結果だと思っている。

もし今これを読んでくれている人も、目の前の新しい世界に1歩踏み出す勇気を持てたら半年後に見える世界はガラッと変わっていることが多い。本当だから試してみてほしい。

 

ストーリー形式の私のメルマガはこちらから登録できます。もちろん無料。必要なければすぐに解除してもらえたら大丈夫です。

-離婚

執筆者:

プロフィール


ももこ

 

小学生と幼稚園児の姉妹を育てるシングルマザー。

完全在宅で5年連続年商1000万円。

安定した収益と右肩上がりの年商で子どもと毎日楽しく生活中。

もともと女は家庭でおとなしく、夫の後ろを3歩下がってという人と結婚していました。子どもが2人に増え生活が苦しくなり、育児休暇中に夫に黙ってはじめたビジネスで初めて1万円の利益が出て価値観が崩壊。

その後も結婚生活の継続を試みるも、モラハラによるストレスで病気になり離婚。

 

この子たちに不自由はさせたくない、成長を一番近くで見守りたい、寂しい思いはさせたくないという思いで手探りでネットショップビジネスを開始

スキルもセンスも人脈もなかった私が子ども二人を連れて離婚して本気で取り組み、独学で年商1000万円を突破。

同じようにシングルマザーになった友人に自分のノウハウを教えたら、みるみるうちに年商500万円を突破。
その後も収益を伸ばし続け、シングルマザーでも子どもに我慢させない生活を手に入れることに成功。

同じように悩んでいる女性にこんな選択肢もあるんだと知ってほしい。そんな思いでこのブログを立ち上げました。

 

毎年安定した収益を出し続けるネットショップ運営の裏話、モラハラに耐えてまで結婚生活を続けるべきだと感じていた私の価値観が徐々に変化していった話など詳しくはこちら