ももの副業ブログ

シングルマザーが5年連続年商1000万円になった全記録 | 自宅で子どもを育てながらでもお金を稼ぐことはできる

シンママ

児童扶養手当 実家暮らしでもらえる人ともらえない人の差

投稿日:

児童扶養手当は実家暮らしでも支給される?もらえる人ともらえない人の差って何?

こんにちは!6歳と4歳の姉妹を育てるシングルマザーです。

離婚を考えている、または離婚が成立したときに気になるのが児童扶養手当ですよね!

実際に私が離婚するときにもかなり気になったので調べてみました。

momo
momo
実家に住んだら児童扶養手当はもらえない、なんてうわさもあるよね

児童手当に関する

  • 実家に帰ったら支給対象外って本当?
  • 子どもと自分で住むのと実家に帰るの、実際はどっちが得なの?
  • ルームシェアの場合はどうなるの?

といった疑問をお持ちの方、ぜひ読み進めてください◎

児童扶養手当ってなに?

そもそも児童扶養手当とは何でしょうか。

Wikipediaにはこのように記載されています。

児童扶養手当(じどうふようてあて)とは、父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当である。

引用:Wikipedia

これを見る通り児童扶養手当とは、ひとり親家庭の子どものために支給される手当です。

 

児童扶養手当を受給できる条件は?

この児童扶養手当に関しては、たくさんの噂を耳にしますよね。

実家だともらえないって聞いた
正社員だともらいないって聞いた
実家でももらえる方法がある?

所得や子どもの人数によって、もらえる、もらえないが決定しているため

年収が同じくらいのシングルマザー同士でももらえる人もらえない人にわかれます。

引用:福岡県庁HP

年収と子どもの人数に当てはめて見てみてくださいね。基準は全国どこでも統一されています。

実家暮らしだともらえないの?

実家に帰って手当がもらえるかもらえないかは、シングルマザーの経済状況に大きく影響しますよね。

 

実際に調べてみました。

 

実家に住んでいても世帯が違えば生計は別とされますか?
住所が同じで同居の場合、世帯が別でも生計は同じとみなされます
もらえている人がいると聞いたんですが・・例外はありますか?
特例というわけではないですが、住所が同じでも二世帯住宅のように生活環境が独立していれば別生計であるとみなされます。
同居の場合でもらえるのはどのような時ですか?
基本的に所得での計算となりますので、ご両親の収入がある場合には支給対象外となることが多いです。

実家で暮らす場合に基準となるのは、一生に住む家族の年収によるところが多いそうです。

(合算ではなくひとりでも基準の収入を超えると支給対象外となります。)

課税所得236万円未満が支給条件とのことでしたが・・両親のどちらかが現役で働いている場合この金額は超えるケースがほとんどですよね。

両親が高齢で年金暮らしの場合や、リタイアしている場合にはご自身の収入で判定がされますので一度役所への相談をされてみてくださいね!

 

ルームシェアだったらどうなるの?

このことも気になったので聞いてみました。

回答は、ルームシェアで血縁関係がない場合であっても生活空間が分けられているのか、が基準になるとのことでした。福岡県内の市役所に確認したところ、このケースは実際に詳しく聞き取り調査をしてから判断されるようです。

 

実家に住むのと子どもと生活するの、どっちが得なの?

ここまで実家に住んだら手当をもらえるのか、ということに焦点をあててきましたがそもそも実家に住んだら得なのか?を考えた時に、自分の生活環境によるところが大きいです。

実家に住んで手当が受けられなかったとしても、実の両親の育児のサポートや支援を受けらっれるのであれば精神的にも安心できますし、孤独になりがちな育児のサポートをお願いできる存在は偉大です。

しかし実家に住んだからと言って両親が共働きで実質自分の家事負担が増えるケースや関係が良好に言っておらず子供の育児方法に関して対立する場合などには、子どもと自分だけで住んだ方がストレスなく生活できる可能性が高いといえます。

 

まとめ

今回は児童扶養手当の支給から実際に実家に住むと得なのかについて記載しました。

実際に私は、6歳と4歳の子どもと3人で生活しています。実家との関係は悪いわけではないのですが、子どもと一緒に暮らすよりも少し離れている方がお互いストレスにならずに生活できると判断したためです。

実家での生活を決める時には手当てが出るのかだけではなく、実家の家族との距離感や自分自身の負担と生活環境なども考慮すると後悔のない選択になると思います。

-シンママ

執筆者:

プロフィール


ももこ

 

小学生と幼稚園児の姉妹を育てるシングルマザー。

完全在宅で5年連続年商1000万円。

安定した収益と右肩上がりの年商で子どもと毎日楽しく生活中。

もともと女は家庭でおとなしく、夫の後ろを3歩下がってという人と結婚していました。子どもが2人に増え生活が苦しくなり、育児休暇中に夫に黙ってはじめたビジネスで初めて1万円の利益が出て価値観が崩壊。

その後も結婚生活の継続を試みるも、モラハラによるストレスで病気になり離婚。

 

この子たちに不自由はさせたくない、成長を一番近くで見守りたい、寂しい思いはさせたくないという思いで手探りでネットショップビジネスを開始

スキルもセンスも人脈もなかった私が子ども二人を連れて離婚して本気で取り組み、独学で年商1000万円を突破。

同じようにシングルマザーになった友人に自分のノウハウを教えたら、みるみるうちに年商500万円を突破。
その後も収益を伸ばし続け、シングルマザーでも子どもに我慢させない生活を手に入れることに成功。

同じように悩んでいる女性にこんな選択肢もあるんだと知ってほしい。そんな思いでこのブログを立ち上げました。

 

毎年安定した収益を出し続けるネットショップ運営の裏話、モラハラに耐えてまで結婚生活を続けるべきだと感じていた私の価値観が徐々に変化していった話など詳しくはこちら